読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Peaceful Tsubuyaki

脱力系です。のんびり のほほんと やってみます。

阪急電鉄や宝塚歌劇団、東宝などを創業した小林一三さんの記念館へ

阪急電鉄宝塚歌劇団阪急百貨店東宝など

阪急東宝グループの創業者である小林一三さんの記念館に行ってきました。

 

 きっかけはNHKの放送90年ドラマ 「経世済民の男~小林一三~」を観たことでした。

 

以前から功績は知っていたのですが、上のドラマを観たことで一層興味がわき、

ちょうどお安い日帰りツアーがあったので母と参加してきました* 

記念館の一部は、こんな感じ。

 f:id:horoly:20160504134656j:plain

小林一三さんが暮らした洋館の旧邸「雅俗山荘」です。

 

逝去後は美術館として使用されていましたが、2009年に美術館が移設したことに伴い、

小林一三記念館」としてリニューアルオープン。

文化庁より国登録有形文化財(建造物)に認定されたことを機に、

内部は居住していた当時の状態に復元したそうです。

 

いっぱい写真を撮ったので、家の様子が分かる写真の回と資料写真の回に分けて

アップします。

今回は、家の様子が分かるお気に入りの写真の方です。 

 

f:id:horoly:20160504134714j:plain

 入口から*

 

f:id:horoly:20160504134657j:plain

玄関*そして下の写真がリビングです。

 

f:id:horoly:20160504134658j:plain

 

f:id:horoly:20160504134659j:plain

 

f:id:horoly:20160504134700j:plain

そして階段から2階に続きます。

▼2階から見下ろした様子。

f:id:horoly:20160504134704j:plain

ご家族で暮らしていた時は、なんやかんやで1階に居る人と2階に居る人が声を掛け合った可能性もあります。(勝手な推測)*

 

f:id:horoly:20160504134706j:plain

 

f:id:horoly:20160504134713j:plain

2階に位置する、一三さんの書斎。陽がよくあたって心地良さそうです。

そして下が応接室。

f:id:horoly:20160504134707j:plain

 

お風呂が2か所にありました。

うろ覚えですが、1枚目がお客様用のお風呂、2枚目が妻・幸(こう)さん用のお風呂…

だったような…気が…します…(弱気)。

f:id:horoly:20160504134710j:plain

f:id:horoly:20160504134711j:plain

とにかく、ハイカラです。ピンクで可愛い*

 

 幸さんが使用していた(って解説版があったような気がする)サニタリー(?)

f:id:horoly:20160504134712j:plain

 

 家の平面図や駅からのルート、詳細な説明が書かれた

プレスリリースがありました。(ご参考までに)

 

f:id:horoly:20160504134651j:plain

▲茶室「人我亭」 などに続く入口。モダン*

 

 

 

*つづく*

*おまけ*

小林一三さんについて、こちらにも詳しく載っていました。備忘録として。

 

*周辺観光にはこちらのサイトを見るのがおすすめです*

 

小林一三記念館

住所:兵庫県池田市建石町7-17

開館時間:午前10時~午後5時まで(入館受付は午後4時30分まで)

休館日:月曜日(但し、月曜日が祝日・振替休日の場合は開館、火曜日休館)

池田市観光協会HPより引用)